バンビナのこのごろ
日々のいろんなコト。ポルノグラフィティのことも旅行記も書きそうだし色々デス☆

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4D2U養成講座~4D2Uを使って語ろう!
2009年11月26日 (木) 23:11 | 編集
ギリギリアウトで参加
会社から三鷹までは約時間。毎回定時ダッシュ必至

前半の内容すごく難しかった
私があんまり理解できてない年周視差とか


出ましたセファイド型変光星

でも何となく以前よりは理解できたような気がする(笑)

Mitakaは実際の天体運行をでシュミレーションできるものだけど
その正確さは現在から前後200年くらいなんだって
宇宙は軌道変化しているからって言うのがその理由。

私たちはこのソフトで簡単に宇宙の果てまで見る事ができるけど
近い天体から遠い天体へ移動する時に
年周視差だったり変光星や銀河の明るさを利用したりと
実はいくつもの 『距離』 を算出する方法を変えてる。
星空解説だけじゃなく
こういった事や科学的データの理解までしてこそ
4D2Uナビゲータだよねと言うお話でございました。
あぁ、道は長いなぁ~

後半はMitakaを使って色々なお話。


日本と欧米のプラネタリウムはまったく違うんだって~
日本は神話や 『人』 に関わる物語などが好まれて
欧米は天文学の話や宇宙の果てなど
もっと具体的な内容なんだって。文系と理系みたい

他にも
惑星を持っている恒星の数や(およそ10%)
天の川銀河(銀河系)の重さは太陽2000億個分とか
宇宙は重元素で汚染されていくetc
自分達はどんな宇宙の中に住んでいるのか教えてもらいました


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。