バンビナのこのごろ
日々のいろんなコト。ポルノグラフィティのことも旅行記も書きそうだし色々デス☆

サイエンスカフェ ~みらい倶楽部~ Vol.1 「感激!北硫黄島近海で見上げた日食」
2009年10月12日 (月) 18:14 | 編集
日本科学未来館のイベントに当った~
友の会限定 入ってて良かった~
今まで東京テレポートから乗ってたけど
船の科学館から歩けば楽チンだって最近知りました(笑)


お菓子とドリンクもらって席につく
ゲストは国立天文台・准教授の縣秀彦先生ですっ

会場には縣先生と同じおが丸に乗船していた方も何名かいて
おが丸以外で皆既日食を見られたのは私だけだったw
今回はお天気に泣かされた人がたくさんいたんだよね~

日食のお話と太陽研究について色々聞いた後、
『日食とは?一言で言うと何ですか?』 というお題が
同じテーブルについた参加者で色々考えたよ~
『月の逆襲だと思います』 って面白い意見も


縣先生は今年を含め回、皆既日食を見に行っているそう。
でも初めての皆既日食はで見られなかったんだって。
その時の事を新聞記事に書いたコピーもらった
この文章、何だか上手く言えないけど心に留まるわぁ。

日食を一度見ると、自然観が変わるといいます。
子どもの頃日食を見て宇宙飛行士や天文学者を志した人もいます。
私にとってハワイで皆既日食を「見逃した」経験は、2006年にトルコで見た皆既日食以上に貴重でした。
負け惜しみではありません。自然界のスケールの大きさ、自然に対する人間の無力さを知るよい機会でした。
「合格確実」といわれた人が入試に失敗したり、仲のいいカップルに破局が訪れたりと、どんなに順調なようでも不運は起こりうる。私の人生観を変えた瞬間でした。
  
~毎日新聞 「見上げてごらん 世界天文年2009」~


イベントの時間はあっと言う間におしまい
帰り際に少しお話させて頂きましたw
星のソムリエ目指して勉強してるって言ったら話が盛り上がって
今後のスケジュールを教えてくれましたぁ
先生が開いた手帳には予定がびっしり
私と同じで色ペン使ってた~ ですよね~ww
11月には長野でお会いできそうです
色々教えてもらえるかな 楽しみ楽しみ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan